ホームヤーブロチカ店長のブログ
ヤーブロチカ店長のブログ
ヤーブロチカ店長のブログ:282
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 15 次のページ»
2019年08月06日
6月には数十年振りに秩父に一泊旅行しました。そして、三峰神社、宝登山神社に参拝、秩父神社だけ次回に残しました。


標高1,100メーターにある三峰神社のシンボルは「三つ鳥居」といって3つの鳥居が合わさった形になっています。


寶登山神社は荒川の左岸に山裾をひろげる宝登山497.1㍍の山頂に奥宮が、麓の山懐に抱かれるような形で本社が鎮座いたします。奥宮までロープウェイがあるので、家族連れでも楽しめます。
2019年08月03日
昨年夏体調を崩してから半年が過ぎた今年4月中旬、昨年91歳で亡くなった母のルーツを辿って奈良の大神神社と石上神宮に参詣してきました。大神神社では「髙橋」のルーツの一つと言われている摂社「髙橋活日神社」を参拝、石上神宮では山辺の道を歩き布留川に架かる「髙橋」を渡ってきました。


  



2017年08月06日
マリア・ナジェージディナさんは2013年に刊行された「ロシアのマトリョーシカ」本にも掲載され、自由マトリョーシカの祖とも言われる故ブルィギナ女史に師事し後継者と目されていましたが、2000年以降突如マトリョーシカの制作を中断して、比較的簡単に制作できる木製のインテリア置物をネコをモチーフに制作してきました。しかしまだ絵付けを引退する歳ではないので2年越しの説得を続けた結果、今回ようやく7個組のマトリョーシカ「ネコ達の世界」を入手しました。本当は、本に掲載された作品のようなブルィギナさんの流れをくむ人間の生活と喜びを描いた作品が欲しいのですが、今は米国向けを主にネコモチーフの作品のみを制作しているそうです。
マトリョーシカを今後販売用に制作してくれるかどうかは、今後の交渉次第ですが、ロシアでも有名な作家の作品ですので、とりあえず非売品としてご紹介します。先般、東急百貨店吉祥寺店での催事「世界の雑貨コレクション」でも展示致しましたので、ご覧になられたお客様もおられます。光沢ニス仕上げが通常だった時期の作家さんなので難しい光沢仕上げになっていますが素晴らしい仕上がりになっています。ニス塗りはアレクセイ(旦那さん)の担当だそうです。




2017年05月18日
ブルィギナさんはお子さん達は芸術の世界とは関係ない方面に進まれたので、彼女の芸術を継承する人はいなくなりました。せめて遺作がきちんとした博物館で永久に保存されることを祈るばかりですが、私が調べた限り、同じ「アブランツェボ芸術産業学校」の卒業生で教えを受けたはずのマリア・ナジェージュディナさんの作風がよく似ているようです。 しかしマリアさんも今はマトリョーシカの制作はしていないそうです。 最後にマリアさんの作品をいくつか紹介して、「ブルィギナの世界」のブログを終わりにします。



2017年05月18日
ワレンチナ・ブルィギナの作品は2013年に日本語版が出版された「ロシアのマトリョーシカ」にも「民衆芸術を取り入れた地上の生活」というマトリョーシカが掲載され、現品はセルギエフ・パサードのマトリョーシカ博物館に展示されていますが、ここで紹介する遺作の中の陶器製の大皿に描かれた作品は、作家マトリョーシカの先駆者としてのブルィギナさんの代表作ともいえる民衆芸術としての絵画、即ち描く場所がマトリョーシカなのか、家庭の小物なのか、あるいは住居の壁なのかの違い、ではないかと思います。
大皿に描かれた作品をいくつか紹介します。




2017年05月17日
お酒のボトルに描かれた絵画!


室内の小物に描かれた絵画!

 
室内の壁に描かれた絵画!

2017年05月17日
娘さんが見せてくれた数少ないマトリョーシカの遺作です。




2017年05月16日
マトリョーシカの世界に足を踏み入れて5年、特に民芸品だったマトリョーシカを(民衆)芸術にまで高めた先駆者ワレンチナ・ブルィギナさんは2008年に61歳の若さで惜しまれつつ亡くなっていますが、彼女の作品にどうしても触れたいという希望から遺作を探し求めていましたが、先日ようやく娘さんご一家を知り、ワレンチナの住んだ古い家を訪ねました。
築130年という木造家屋と室内をまず紹介し、室内に残された遺作を少しずつ紹介していきます。



2017年05月06日
最初の2日間が無事終わりました。今日明日は土日、来週月火は平日なので、お客様のご来店状況は少し違うかも...
遅くなりましたが、会場の入り口は次のような感じです。少し狭いですが、展示品は充実しています。



展示の内容はこんな感じです。
皆様から5周年お祝いのお言葉、お花もいただきました。お礼申し上げます。


2017年02月25日
ナタリア・バローニナさんは、長年セルギエフ・パサードのおもちゃ工場で、オルゴール等木製民芸品にバーニング技法で絵を描く、装飾することに携わってきたそうです。彼女はソ連崩壊後、その経験を生かしてマトリョーシカの絵付けをする道を選ばれたようですが、木製パネルにバーニングで絵を描くのはロシアでは一つのジャンルとして確立していて、本格的な芸術家レベルの作家さんも沢山おられるようです。
あまり描かないそうですが、先日たまたまアトリエで見ることが出来ました。サイズは50-75CMだそうです。

2017年02月24日
セルギエフ・パサードの鉄道駅又はバスターミナルから5分ほどゆるゆると坂を下ると、谷を挟んで正面に「聖セルギー大修道院と教会群」が視界に飛び込んできます。


そして急坂を少し下り、厳冬でもカモが遊ぶ池を横目に見て、再び急坂を登り切ったところに以前は作家物のマトリョーシカを展示し絵付け教室等も主催していたワークショップがありました。私もマトリョーシカを扱い始めた5年前頃はよくここに通って、展示されていた(非売品でしたが)ナタリア・バローニナさん、マリア・ドミートリエバさん等のマトリョーシカを眺めたものでしたが、中でも写真の棚の一番高いところに並んだ作品には圧倒されたものでした。


ところが、2年程前に不審火でこのワークショップが焼失、これらの芸術的価値のある展示品も全て失われたそうです。しかし迫力あるフトリャール、中でも大きなシャンパンボトルを入れる大きなフトリャール、お母さんと子供、赤ん坊を描いた作品がどうしても欲しくてナタリアさんに頼んでいたのですが、この度ようやく入手できました。お客様のご注文の品物でしたので私の手元からはすぐに去って行きましたが、予想通り素晴らしい作品でした。高さは40CM近くあります。

2017年01月06日
昨日に続いて、モスクワ中央デパートのショウウインドウのディスプレイをいくつか紹介します。
モスクワのデパートはソ連時代から赤の広場をはさんでクレムリンと対峙する「国立百貨店(通称 「グム」)が
有名で、今や高級デパートとして有名ブランド店が多数入っていますが、中央デパートもグムと並ぶ高級デパートとして君臨しています。

まず、「ガリバー旅行記」


次に、「金のがちょう」


最後は、「赤ずきん」です。

2017年01月05日
12月はモスクワも豪華なデコレーションとイルミネーションに包まれます。
一度レポートしようと思ってましたが、昨年12月モスクワの冬を楽しむ機会に恵まれましたので、モスクワのボリショイ劇場の隣にあるモスクワ中央デパート(通称「ツム」)のショウウインドウを紹介します。毎年、童話をテーマにして飾りつけをしているようです。
まず、「くるみ割り人形」


次に、「ヘンゼルとグレーテル」


次は、「ピノキオ」


有名な童話、民話をテーマに作家さんにマトリョーシカを描いてもらう、一人の作家さんに色々なテーマで描いてもらう... 色々な作家さんに同じテーマで描いてもらう... 面白そうですね。
2016年12月02日
現在、さいたま新都心・スーパーアリーナ隣接のけやき広場にて、クリスマスマーケットに出展中で、1週間が経過しました。この間、沢山のお客様にご来店いただき厚く御礼申し上げます。マーケットは12月25日まで続きますので、お近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さい。

11月初旬に仕入れた商品につきましては、お陰様で多くの商品につきましては店長ブログでの商品紹介で既に売約済みとなりましたが、まだ個別商品をアップする作業が残っています。しかし、既にクリスマスマーケットが始まってしまったので、その作業が滞っています。とりあえず、11月仕入れ商品でまだ店舗に残っている商品のみを本日(12月2日)からアップ致しますのでご覧下さい。
既に売約済みとなった商品も従来はお客様のご参考にしていただく為に「Sold Out」としてアップしていますが、今回その作業は大幅に遅れ、未だいつになるか目処がたっておりませんことご了承いただきたくお願い申し上げます。
2016年11月21日


大きく左半分の列の上から下に順番に、
 赤プラトークに紫の外套 3P
 赤外套にうさぎを抱いて 3P
 紺プラトークにツリー 3P =売約済み=
 赤プラトークに雪だるま 3P
 緑のおくるみの赤ちゃん 3P
 赤プラトークにツリー 3P =売約済み=
 青外套に白もこもこ帽子 3P

右半分の列の上から下へ、
 花柄プラトークに赤ちゃん 3P
 花柄プラトークにおもちゃ 3P
 赤い外套にツリー 3P
 花柄プラトーク 3P
 花柄プラトーク 赤ちゃんとネコ 小さな子が雪玉 3P =売約済み=
 紺のブラウス、小さな子がツリー 3P =売約済み=

全て3Pで高さは大体10.5-11CM  定価4,500円
 
 
2016年11月21日
今回はラプシナさんの「冬バージョン」が入ったマトリョーシカのご紹介です。まずは大きなマトリョーシカ達から。
向かって左から、
「冬! 7P  高さ18CM」 定価15,000円
「赤ちゃん! 5P  高さ18.5CM」 定価12,000円
「子供と木馬! 5P  高さ19CM」  定価12,000円
「暖かい冬の装い! 5P  高さ18.5CM」  定価12,000円


2016年11月21日
またまた、ダノワさんに変化です、エプロンに描くデザインに人物と動物が登場、顔は元々のオリジナルに近い表情に戻りましたが、今度は変化で楽しませてくれます。
向かって左から、
太陽の娘 5P 大   高さ16.5CM  定価15,000円
牧場 5P 小  高さ9.5CM   定価9,000円
花束 5P 小  高さ9.5CM   定価9,000円
牧場 5P 大  高さ16CM   定価15,000円

2016年11月21日
実を言うとグループが出来なかったので、適当に組み合わせました。
向かって左から、
マリーナ・モロゾワ作: 民話や童話を題材に絵巻物のようにマトリョーシカの周囲に描くのでおなじみです。3P 高さ11.5CM 定価8,000円 このマトは「子守歌」となっています。
エレナ工房エレナ作:ピンクの女の子 高さ13.5CM 定価13,000円
エレナ工房エレナ作:(エレナさんの代表作)お散歩 高さ18.5CM 定価21,000円

          
2016年11月21日
今回のロシア出張は、米国大統領選挙の4日前に訪露したので雑貨市場に出向いた時も選挙はまだでした。ただロシアはトランプ氏の支持が多かったとききます。私が仕入れた「米国大統領マト」も既にトランプ大統領でした...
ACミランの本田圭佑選手、ヤーブロチカは彼がロシアのチーム(CSKA=チェスカ)でプレーしていた時代から彼を応援し現在は日本が2018年のロシアワールドカップに出場できるよう応援していますが、最近何かと話題の多い本田選手のACミランの一員としてのマトリョーシカを見つけました。
米国大統領マト(手書き)高さ19CM 定価12,000円、本田ACミラン 高さ17.5CM (プリント)定価3,500円

2016年11月20日
「11月新規仕入れ商品のご紹介」は明日の夜20時以降に継続させていただきたいと思いますので、
何卒ご了承下さい。 店主
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 15 次のページ»