ホーム産地物マトリョーシカセルギエフ・ポサード 作者不詳 伝統柄 お人形を持って! ニス仕上げ 5体組 大 18cm (MT-SP-074)
商品詳細

セルギエフ・ポサード 作者不詳 伝統柄 お人形を持って! ニス仕上げ 5体組 大 18cm (MT-SP-074)

販売価格: 8,000円 (税込)
新入荷
2016年2月にセルギエフ・ポサードにて仕入れました。
頭をプラトーク(スカーフ)で被い、ルバシカ(ブラウス)を着てその上にサラファン(ジャンパースカート)、という伝統的な衣装です。
マトリョーシカ達が持っているおもちゃは、ロシアでも、また世界の他の国でも子供たちが喜ぶ典型的なおもちゃだと思います。
髪の毛は真ん中で分けて後ろでくくったり、長い場合はお下げにして後ろに長くたらすのが多いようです。実際20歳台以下の若い女性は髪を長く伸ばしている娘をよく見かけます。
宗教的に女性の髪の毛は強い力を持つと言われ、教会などに入るときは髪をスカーフで被って隠しますが、このマトリョーシカのように普段の生活でも髪を隠すことも多いようです。完全に隠す場合、このマトリョーシカのように前髪を少し出す場合、前髪は飾り物で隠す場合などがあるようです。

モスクワの北方80km、Golden Ring(黄金の環)と称される古い宗教都市のひとつ「セルギエフ・ポサード」は、宗教儀式に関連する民芸品を制作する作家が多数住んでいることでも有名ですが、マトリョーシカについても、ロシアにおける誕生の地として有名です。帝政ロシア時代貴族、裕福な実業家の援助を受けて美術学校がいくつか設立され、そこで学んだ作家が今日のマトリョーシカを作り上げてきたそうです。
高度な技法と芸術的センスを駆使して独自のマトリョーシカを制作するいわゆる「作家」と称される人と伝統的なデザインでお土産として手軽なマトリョーシカを制作する「工場」がありましたが、以前3つあった工場は既に閉鎖され、伝統的デザインも小さな工房または個人の作家が細々と制作しているだけだと聞きます。 ただ、セルギエフ・ポサードはマトリョーシカの故郷という土地柄なので、定型デザインでも工房、作家さんによって独自のセンスで描かれたマトリョーシカを見つけることが出来ます。

***********************
商品サイズ(概数): 外径(最も太い部分) 9cm x 高さ 18cm
重量: 300

送付方法: ゆうパック または 定形外郵便 
***********************